遺産相続にはかなりの種類の手続きが必要です。それらのひとつひとつを行うことはかなりの時間と労力を必要とします。

「遺産相続」の手続き代行を依頼

人が亡くなりますと、遺族が行わなければならない手続きが60種類超あると言われています。

それらのすべてを遺族が行うことは、非常に時間と手間がかかることですし、何よりも家族を亡くして間もない時期にそのような手続きをすることは大変辛いことだと思います。


先ほど、「遺産相続」の手順のページでもご紹介しましたが、被相続人(故人) の財産を相続する場合には、法定相続人の特定が絶対に必要になります。

また、相続をするにあたっては、法定相続人を証明する、法定相続人全員分の戸籍謄本等が必要になります。

これについては、故人の出生から死亡までの戸籍謄本が必要になり、これを集めるだけでも大変な労力なのです。

書類の収集などの他に、忘れてはならない手続きは数多くあります。

普段からこのような手続きに慣れていない一般の方が手続きをしますと、どうしても手続きの抜けが出てしまうものです。

すべての手続が済んでおりませんと、後々問題が生じる場合があります。


このような理由から、「遺産相続」の手続きについては、手続代行を依頼する方が良いと思います。

「遺産相続」の手続き代行については、一般的に弁護士、司法書士・行政書士が代行業務を行なっておりますので、ご相談頂くことをお勧めします。


代行業務を行なっている弁護士事務所などのウェブサイトには、更に詳しい情報がありますので、確認して下さい。

その他、よくある質問のページもありますので、参考にして頂けると思います。